どんな生活になるの? | お金持ちになる方法として、高時給アルバイトが一番おすすめです
menu

どんな生活になるの?

女性の足を持っている男性

サラリーマンになると、基本は長期的に仕事を続けることができますよね。
60歳を過ぎてもサラリーマンとしてやっていくことはできるので、実質生涯にわたり仕事を続けることができるわけです。

でもホストクラブの場合は違います。
一応ホストクラブは仕事をする上で年齢制限はありませんが、そうはいっても30歳くらいまでが限界だと思います。
なぜなら、次々と新しいホストが入店してくるからです。
そして多くのお客さんは若いホストと話にくるので、ある程度歳を重ねている人は指名が取れにくくなってしまいます。
だから長くても10年くらいが、現役ホストとして限界だと思います。

じゃあホストを辞めたあとは、どのようにして生活していけばいいのか?
まずホストの仕事は特殊なので、辞めたあとにサラリーマンとして普通に就職することは難しいと思います。
だからほとんどの人は、自分でホストクラブを開業したり、貯めた貯金を使ってなにかしら会社を起こすことが多いです。
またホストクラブまでいかなくても、居酒屋や個人経営の飲食店を始める人もいたりします。
もちろんみずから事業を始めるというのは必ずしも成功するとはかぎりませんが、その頃には十分なお金があるはずなのできっと余裕のある経営ができると思います。

ちなみにホストとしてしっかり結果を残すことができれば、毎月貯金していることによって辞める頃には数千万円以上もの貯金が残ることになるでしょう。
これだけあれば、すぐに収入を発生させなくてもしばらくはいろんなことに挑戦できる時間を確保することができると思います。
だからゆっくりと自分に一番合うお金の稼ぎ方を見つければいいでしょう。